長野県教職員組合 松塩筑支部とは

 労働組合とは「労働者が労働条件の維持・改善および社会的地位の確立をはかるために組織する団体」とあります。私たちが今、手にしている数々の権利などは、教職員組合の先輩方の活動なくして得ることはできなかったことは、ご存じの通りです。そして、今の条件を維持するためにも、組合の存在は必要です。

 教職員組合の存在意義は、もう一つあります。子どもたちの今と未来を明るく照らす役割を担っているということです。もちろん組合だけでは無理です。教育委員会や教育会やPTAなど多くの立場のたくさんの人たちがいて、その中の一つの立場、一つのアプローチの方法として教職員組合は重要な位置にあります。

 子どもたちや私たち教職員を取り巻く教育現場の環境や状況には、まだまだ多くの問題や課題があります。そのためにも、より多くの仲間とともに活動を継続していかなければなりません。組合には「互いに引き組むこと」という意味があります。みんなでスクラムを組んでいかなければ課題の解決は叶いません。厳しい情勢が続く中ではありますが、松塩筑支部が大事にしている「対話と協調」の姿勢のもと、組合活動を行っています。

最近の投稿

    カテゴリー

    アーカイブ

    リンク